アイマスクや耳栓は必須

お得な料金で移動することが出来るということで、高い人気を誇っている夜行バスですが、快適に過ごすためには、いったいどのようなアイテムを持っていくと良いのでしょうか。 まずは、アイマスクと耳栓です。眠るのが目的ですので、一定時間が過ぎるとバスの中は消灯されますが、道に立っている街灯の光や対向車のヘッドライトによって眠りを妨げられることがあります。それを防ぐためにアイマスクが必要になってくるのです。 また、周りの衣擦れの音やいびきが原因で眠れないと困りますので、耳栓も忘れずに持っていくと良いでしょう。どちらも非常に軽いものですので、バスの中に持っていくバッグの中に、最初から忍び込ませておくと良いかもしれません。

体温調整が出来るものを持つ

続いて、バスの中の温度が自分に合うとは限りませんので、体温調節をすることが出来る羽織りものを持っていくことをおすすめします。カーディガンでもパーカーでも構いません。 夏だからといって薄着で乗り込んでしまいますと、クーラーが強く効いたバスの中で風邪をひいてしまうことになりかねません。バスによっては毛布が準備されていることもありますが、はっきりしない場合には持参した方が安心でしょう。 逆に、冬の車内というのは暑いくらい暖房が入っていることがありますので、簡単に脱ぐことが出来るような服装をするようにしましょう。せまい空間になりますので、周りの邪魔にならないような動きで脱ぎき出来るということがポイントとなってくるのです。